読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おふとぅんも積もれば山となる

ちまちまと思ったことを書いたり描いたり。無断転載、二次利用はおやめください。

ようやく田中聖と向き合えた話〜後編〜

ようやく田中聖と向き合えた話〜前編〜 - おふとぅんも積もれば山となる

のつづきです。

まさかこんな事になってからこれを更新することになるとは思わなかった。

けどこれは私の記録なのでちゃんと残しておきたいし、この時感じたことは嘘じゃないのできちんと残しておく。

内容はほとんど5月25日以前に書いたものです。

 

 

後半はINKTのライブに初参戦した話。

 

勢いのままぴあでチケットを購入してから1ヶ月ちょっと。

4月23日決戦の日曜日。静岡Sunashというライブハウスでの公演。

ライブハウス自体学生時代に友達のバンド見に行って以来だからめっちゃ緊張する。

何日も前からめちゃくちゃ緊張して、『あーー今のこーきを見たら私どうなっちゃうんだろう』ってもだもだして、ステージの上のこーきを見て泣いちゃったらどうしようとか歌ってるこーき見てちゃんと受け止められるだろうかとか無駄な心配をして、

駅で待ち合わせしたフォロワーさんと一緒にグッズ買うために少し早めに会場に向かっったんですけど、その不安は静岡駅から歩き出して3分で吹っ飛ばされる事になる。

 

 

静岡の街中で、私は7年ぶりの生こーきに遭遇した。

信号待ちしてたらですね、後ろからスタスタっと現れて斜め前2メートルくらいのとこに普通に立ってて『え?あれ…』と思った瞬間にこーきが振り返って普通に目があった2017年4月。

うっかり3度見くらいしたうち2回も目が合ってしまって『ハッ プライベート(?)だからまじまじ見てはいけない!私は気づいていません!気づいていませんよ!』という私の中の晴子が主張をして一生懸命見ていないフリ気づかないフリをしていたんだけど、むしろこーきの方が信号待ちなのに後ろの明らかに会場に向かっている風のヲタの方をチラッチラッ見てきて

もーーーーーーーーーーー相変わらずの構ってちゃんかよ!!!!!!!!!!!もおおおおおおおおおおお可愛い!!!!!!!!!

となりつつも平静を保って(フリをして)いたら同行者さんも気がつき、信号が青に変わった頃には回りの子たちみんな気がついてた。

こーきも多分気づかれてることに気がついてた。

私たちは会場までの道のりをその日ライブをやるバンドのボーカルに導かれるようにして後ろをついて行くという謎体験をしながら歩いた。

森の中を妖精さんに案内してもらうかのごとく…

(ちなみに同行してくださったフォロワーさんもCHAINぶりの生こーきだったそうで二人してめちゃくちゃ緊張していたのにご本人により出鼻を挫かれたのだった。)

 

7年ぶりに生で見たこーき、なんならかつん時代には有り得なかった距離で見たこーきはとにかく細かった。お尻が小さかった。あと音楽聴きながらノリノリで歩いていて音楽プレイヤーのCMかなんかみたいで可愛かった。

7年ぶり。

ずーーーーーーーっとモヤモヤを抱え続けて『どうしよう許せないかも…』とか言ってた人間の最初の感想『可愛い』ですよもうこれ絶対大丈夫だなってこの時点で分かってしまった。

なんだよもーこんなところで会っちゃってドキドキする予定だったのによ〜!!

とか思いながらさらっと壁を壊してもらって(偶然だけど)嬉しかった。

結局ずっと好きだった応援してた子だからやっぱり嫌いになるわけがなかった、根っこが好きなんだから。

まあまだこの時点で歌すら聴いてないんだけども。

 

 

そこからは今までジャニヲタとして生きてきてのバンドとのカルチャーショックというかインディーズバンドとお客との距離ってこんな近いんだ!グッズ販売に普通に出てくるんだ!CD買ったらハイタッチできるんだ!そこらへん歩いてるんだ!みたいな衝撃つづき。

なんかやっぱりステージの上でキラキラしている世界にいた彼をずっと見てたから、そんな身近でいいんですかぁぁああ…って思ったんだけど、

でもだからキラキラしてないわけじゃなくて、むしろ愛されたがりのこーきにはそれくらい近い距離で、ファンに好意を伝えられる距離でいられることがいいのかもしれない、と思った。

 

あと対バンという未知の世界。

他のバンドの演奏も聴くのねふーん、という感じだったのだけど静岡公演INKTと一緒にライブをやった"ROOKiEZ is PUNK'D"というバンドもすごく良かった。

全然好みじゃない毛色のバンドだったらどうしよう〜って偉そうに思ってたのだけど、このバンドの方たちもすごく感じがよくて、楽しそうで、こーきともいい関係性が作れてるのかなっていうのがすごく伝わってきた。

曲も声も好きだったので記念にCDも買わせて頂きました。

(どれを買おうか迷ってたらボーカルの方が来て『Youtubeでも配信してるから良かったら見てね』って言ってくれたのですが(親切)せっかくなので会場限定シングルなるものを買わせてもらったらサインまで書いてくれてすごく気さくな方でした…こーきいい人たちに囲まれていてあたしゃ嬉しいよ…)

 

で、肝心のステージはどうだったかっていうと。

正直こーきが楽しそうだった以外ほとんど覚えていない。

ていうか、楽しかったんですよ!!!!

想像してたよりだいぶ小さい箱で驚きつつも、でもそのサイズだからこその一体感というかみんなジャンプして手あげて、私も分からないなりにノって、声出して、ジャンプして。

楽しかった。

かつんとも、じんくんとも違う楽しさがそこにはあった。

 

そしてずっとずっと楽しそうにしてるこーきがいた。

仲間と一緒に自分達が演奏する音楽だけでぶつかってくるこーき。

マイクの前で飛び跳ねて、新しい仲間と笑って、気持ち良さそうにのびのびと歌うこーきがいた。

私の知ろうともしなかった間にこーきはしっかりと自分の居場所を見つけて新しい人生を作っていた。いい仲間にもたくさん出会えて、いい関係性をきちんと築いていた。

前はそれが寂しくて仕方なかったし、置いてけぼりくらったみたいで拗ねて、勝手に裏切られたみたいに思ってこーきから目をそらしていたけどずーっと楽しそうに笑ってるこーきを見てキレイに全部受け入れられた気がした。

こーきが楽しそうなら安心だな。と思った。

親でもなんでもないくせに巣立ったヒナを見送ったみたいな気持ちになった。

 

ライブ中に『初めてINKTのライブに来た人!』とこーきが聞いた時、私もびっくりしたけど結構な人数が手をあげた。

それまでの会場の盛り上がり方とか見てたらとてもそんな感じはしなかった。

でもそれを見たこーきが笑いながら『今まで何してたの?』と言った。

ほんとに私は一人で勝手にこじらせて何してたんだろうって思った。

もっと早くINKTのこーきに会いに来ていれば、もっと早く自分の目で楽しそうにしてるこの子を見ていれば、もっと早く呪いも解けてもっと早く応援できたのに。

 

 

それくらい、ほんとにほんとにいい顔をしてた。

今が楽しくて仕方ない、歌えて楽しいって全身で楽しんでるって顔をしてた。

だから私はこれからのこーきを何のシコリもなくようやく応援できるようになった、またライブがあったら絶対に行こうって思えた。 

 

こんなタイミングで更新する事になるなんてめちゃくちゃ皮肉だけど、冒頭でも書いたようにそう思った気持ちは嘘じゃないし、せっかく向き合えた気持ちなので残します。

INKTの田中聖を私は待ちたいと思うし、信じてる。

そしてあれから腐らずにちゃんと自分の居場所を作ったこーきには、帰りを待ってる人がたくさんいるんだから、ちゃんとINKTのKOKIとして戻ってこいよー!!!!!

 

 

 

ようやく田中聖と向き合えた話〜前編〜

所謂ごく出*1で、仁亀からかつんにハマった永遠の新規*2の私も気がつけばかつん沼12年。

仁亀から、とは言えかつん箱推しとシンメ愛全員愛を名乗ってきた(?)私だけど、こーきとなかなか向き合えないまま

気がついたらこーきが脱退してから4年も経っていた。

 

そんな私が突如

先日行われた静岡でのINKTのライブに初参加したお話。

歌うこーきを生で見たのはKAT-TUNのchainから7年ぶり…。

せっかくなので、自分が自分の中のモヤモヤと向き合うまでのお話をまとめてみた。 

 

 

まず今年の3月頭にINKTのTriggerをたまたま聴いたのがきっかけだった。

実はそれが私のINKT初視聴だった。

 

‪去年かつんがデビュー10周年を迎えて、まさかそこまでで3人も居なくなってメンバーーが半分になるとは誰も思ってなかったしみんながそれぞれに色んなぐちゃぐちゃした気持ちを抱えてたと思う。‬

でも当人である‪亀ちゃんが優しい言葉で呪いを解いてくれて(…と私は思っている)

誰も恨まなくていい呪わなくていい世界になって、

 

私はひっそり、こーきと向き合えないまま居る自分をちょっと情けなく思った。

当事者であるKAT-TUN3人は色々あったけど前を向いていて、

きちんと過去のKAT-TUNもまるごと受け止めていて。

でも、こーきと向き合えないままでいる私は、KAT-TUNを応援してきたこれまでの間で

こーきの事だけがずっと昇華できないままでいた。

当人たちは前を向いているのに、私は前を向けていない気がした。

 

別にこーきを恨んでたわけでもないのだけど、辞めざるを得なくなったことも、1年後に新しいバンドを結成したことも、本当に勝手なんだけど私は正直一番ショックを受けたし一番裏切られたような気持ちになってた。

(まぁ仁くんの時も一番ショックだったし、田口くんの時も一番ショックだったけど全部ショックの部類が違う。辞め方まで三者三様でもーあいつらやっぱりかつん育ちだ!!)

f:id:OFTTUN:20170508003653j:plain

 

そんでも時間が経つにつれてそんな気持ちは薄れたし、結局そもそもの好きが強すぎるので『もー!こーきのおバカ!><』くらいの気持ちにはなってたけどでもやっぱり今のこーきを見れない。

たまに何かで写真とかを見かけると、こーきの隣に見慣れた大好きな顔が並んでないことに心臓がギュッとなって『なんでそこにいるの?』ってまた身勝手に思ったりなんかして、を繰り返し。

しっかり向き合えないまま4年。

 

それが意外なところで自分の中の考え方が変わった。

田口くんだ。

 

田口くんがKAT-TUNをやめて1年経たずにソロとして稼働し始めて

『早すぎる』とか『もうソロ?』とか言う声をいくつか見て、初めて一つの事に思い当たった。

 

【ファンとアイドルの時間感覚には差があるのではないか?】

f:id:OFTTUN:20170508004832j:plain

 

私もこーきの時に『もう!?』『こっちはまだ立ち直れてもないのに!』と理不尽に思っていた。

 

でも、ひょっとしたら彼らにとって『何もしないでいること』はもの凄く不安なのでは?と思い始めた。

『早く何かしないと忘れられてしまうかも』

『歌いたい』

『ファンの前に立ちたい』

ずっと13、4歳の頃からずーっと走り続けて来た人たちだから1年何もせずになんて居られないのかもしれない。

ただ過去をひきずって傷ついてるだけの私のようなファンとは、時間の流れの感じ方が全然違うのでは…そう思ったらずーっとウジウジして自分勝手に傷ついて応援してなくてゴメン、と思った。

こーきにとってバンド結成までの1年がどんなものだったかなんて想像しようともしなかった。

  

…とは言え、こーきに関してはほんとに勇気がでなくて避けてた。

前記事でも書いてるけど正面から向き合うのがなんか怖かった。

田口くんのこともそうなんだけど、たぶん、かつんじゃないこーきを見て自分がどう思うのか…を考えると怖かったんだと思う。

 

かつんに居た時ときっと比較しちゃうだろうし、文句言いたくなるかもしれない、悔しくなるかもしれない

今のところから一歩進んだら、こーきを嫌いになるかもしれない、過去のこーきも受け入れられなくなるかもしれない

 

自分が好きだと思ってたものがこの先どうなるか分からない、受け入れられなかったらどうしよう!?嫌い!ってなったらどうしよう!?!?

と思うと怖くて見れなかった。

 

ところがどっこい、ここで冒頭に戻るけども3月頭に車を運転してたら聴き覚えのない曲が流れてきた。

運転中iPodの曲をランダム再生していてiPodに何百曲と入っているんだけど何の曲か分からない、でも声がめっちゃ聴き覚えある。

「ぷーっざとりっがー!」

と聞こえてあーこれINKTじゃん…?と気がついて、

心構えも何もなしに聴いてしまった…とショックを受けたんだけどこれが結果、良い方に転がった。

田口くんの事で考えが変わってきてた頃に、こーきがINKTとして動き出した1曲目を偶然聴いて、もうこれってディスティニー!?って感じですね。

 

しかも聴いててなんかもう全然違和感ない。

なにこれこーきの声質バンドにめっちゃ合ってない???

なんなら、こーきの過去のソロ曲も含めて一番好きなサウンドだったし、歌い方だった。

 

こんな風に思うのは悔しいけど、なんだか『在るべき処に納まった』という感じがした。

かつんがこーきの居場所じゃなかったわけじゃないし、バンドをやるために辞めたわけじゃないし、色んなことがあった結果の今なんだけど、そう思えるくらいしっくりきてた。

 

だからなんだか安心してこーきを見れる気がした。

ツアー中だという事はフォロワーさん情報で知っていたので、(ツイッターで自担情報をマメにつぶやくのやっぱりすごく大事。)

家に帰ってすぐにINKTのツアーの日程をチェックした。

地元の静岡の公演はまだ終わってない。

チケットはぴあでいますぐ買えるらしい。

 

どうしよう、行ける…

 

でもまだちょっと怖じ気づいて、ツイッターで『誰か一緒にいかない?』とつぶやいてみた。

どうかな…と思ったけどすぐにDMをくださったフォロワーさんが居て、一緒に行く人もあっという間に見つかった。

なんかもう色々タイミングとか良すぎてこれは会いに行っちゃいなよYOU!って言われてるよな!?後押しされてるよな!?としか思えなかった。

 

〜後編へつづく〜*3

 

 

*1:ドラマごくせんでKAT-TUNファンになった人のこと

*2:ごくせんで一気にファンが増えたため、一部古参ファンが新規ファンを『ごくせんでハマったとか遅いわ!にわかにわか!』みたいな意味をこめてだと思うけど一括りにそう呼び、そのうちごく出は自ら『いや私永遠の新規なんで…』と言い始めたある種の呪い

*3:にょろにょろ

結局全員まとめてアイアイ愛してるウッキッキー

田口くんの芸能活動スタートについて、半日経って色々考えたけど私は正直複雑な気持ちではある。


未だにかつんの田口くんを諦められない気持ちがまだあるからかなーでももう戻れ〜な〜い〜なのは分かってるし戻る事を望んでるわけでもなくて、ただあったかもしれない未来を捨てきれないだけかな。4人のKAT-TUNがほんとにほんとに大好きだったから。

まだ現実を受け止めきれてないのかなー


けど別に田口くんが憎いわけでもなくて嫌いになるわけもなくて、『なんで』『どうして』は消えることはないしあのまま4人のKAT-TUNの続きを見られなかったことに関してはほんとに悔しいしもし会ったらニーブラかましてやりたいとは思ってるけど。

(ちなみに赤西くんに会ったら鎖骨攻撃してやりたいし、こーきに会ったら後ろからお尻にキックいれてやりたいけどこの子らのことも憎んでるわけではない)


『自分たちから発せられる言葉だけを信じてほしい』ってずっと言ってきたかつんだから、私は10ksであんな風に意を決して言ったかめちゃん本人の言葉を大事にしたい。


…し、私はそもそも全員大好きなんだよ。

大好きな大好きなKAT-TUNの最初の一歩。嫌いになんかなるわけない。


田口くんが野生から表舞台に戻ってくるのは喜ばしいことで、また踊る田口くんを見れることは嬉しいことで、あんなにダンスを歌を頑張ってた田口くんがゴルフして身体鍛えてインスタに映り込んでそれだけで終わるなんていつから勘違いしていた????


田口くんが一般人なんてもったいねーなー!!!って私はずっと言ってたはずだ。

いいことじゃないか、王子が煌びやかな世界にお帰りになられただけだ。

ちょっとの間、王子の気まぐれ下界散歩期間だっただけだ。


でもまだ真正面から田口くんを見る勇気がない。

田口くんは大好きだけど、私はKAT-TUNの田口くんが大好きで、KAT-TUNじゃない田口くんにはまだ会ったことがないから、1人で踊る田口くんを見れる勇気が出せるか分からない。

でもかっこいいんだろうなぁ。

見てなかったら後悔するんだろうなぁ。


実はまだこーきも勇気が出なくて真正面から見れていないのだけど。

そもそもバンドがあまり得意ではないというのもある…ごめんな…


ちなみに赤西くんについてはショック療法というかムチ打って泣きながら見に行ったら見に行かずにはいられない身体になりました。(照明演出大好きかつん担が嫌いなわけないやつ。)


こーきも、じゅんのもわたしの気持ちが追いついてなくて、私の心が弱いせいでまだ見れない。

でも見る決意が出来たらきっと見に行くね。

そんで、直接見てはなくても応援はしてる。

かつん辞めたからって気ィ抜くんじゃねーぞっ!かっこよくないと許さねーぞ!!コイツらKAT-TUNだったなんてやべーな!?ってなってくれよな!!!!

頑張って!!!!!!!!!




KAT-TUN Live 海賊帆 [DVD]

KAT-TUN Live 海賊帆 [DVD]

KAT-TUN Live of KAT-TUN

KAT-TUN Live of KAT-TUN "Real Face" [DVD]






タメ旅風船

f:id:OFTTUN:20150705205402p:plain

タメ旅レギュラー祝い絵。

スワイプしたら上に飛んでいくシリーズ。

風船かつんちゃん。

2015/04/01

 

広告を非表示にする